about  
 早稲田大学
kodo2

item1稲門通信

No.228(平成21年度第2号) 2009年3月21日          発行:広報委員会

※一部内容を省略して掲載しています

温暖化の影響でしょうか福岡や高知では桜が開花したとの報道もあり、春の訪れを実感する機会が多くなって来ましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。現役チームは春リーグに向けての最終調整に入り、男子部は2部優勝・1部復帰を目指し、女子部も上位進出を目指し例年以上にチーム一丸となって練習に励んでいます。是非、今年度も試合会場へ足を運んで頂き、熱い声援をお願いいたします。

 

1.平成21年度 稲門バレーボール倶楽部総会を開催 

 

3月7日(土)に稲門バレーボール倶楽部総会を、競技スポーツセンター2階会議室で開催し、議題は原案どおり承認されました。総会資料につきましては、別紙をご参照ください。

また総会終了後、懇親会 兼 4年生送別会を戸山キャンパスカフェテリアで開催しました。

 

2.平成21年度春季関東大学男女バレーボールリーグ戦の日程 

 

別紙をご参照下さい。

 

 

3.平成21年度 男女抱負 (※メンバーについては別紙をご参照下さい。)

 

(男子)

主将 高橋 悠 (スポーツ科学部 4年 東北高)

「今年度は1部復帰を成し遂げるべく春季2部リーグの優勝を目指します。1部復帰は簡単なことではないですが、スタッフの方々や部員と一丸になって練習に取り組み、今までチームを組み立ててきました。厳しい場面もこれからあるかと思いますが、日頃の練習の成果を発揮し、それを乗り越えていけるよう精進します。そして全日本インカレではセンターコートに立ち、学生日本一の栄光を掴むべく一生懸命競技に取り組みます。

そして、日頃よりお世話になっているOBの方々に感謝の意を述べ、ご挨拶とさせていただきます。今年度の早稲田大学バレーボール部をよろしくお願いします。」

 

監督挨拶  吉井勝彦(S61)

「今シーズン監督を務めさせていただきます吉井勝彦(昭和61年卒)です。伝統ある早稲田大学バレー部を監督として指揮をとるということで、身の引き締まる思いでおりますが、感謝と情熱をもって「明るく・前向きに」に取り組もうと考えています。

チーム事情は昨シーズンの結果から見れば、大変厳しい状況ですが、年初から「2部リーグ優勝・1部復帰」を春の目標に掲げ、部員・コーチングスタッフが一緒に汗を流し「伝統ある早稲田バレーの復活」を目指し、一丸となって厳しい冬場のトレーニング・練習に取り組んできました。

「学生が自ら考え行動する」という早稲田スポーツの基本的な考え方を踏まえ、キャプテン高橋(悠)がリードするなかで、4年生が中心となって、リーグ戦に向けてしっかりと準備をしてきました。

新チームは、早稲田伝統の粘りのレシーブから、圧倒的なスピードで敵陣を圧倒するバレーの復活を目指しており、この春季リーグ戦でどこまでできるか、非常に楽しみにしています。皆様の期待に応えるべく、最後まで全力で戦い抜きますので、OB・OGの皆様の応援、よろしくお願いいたします。」

 

コーチ 新井千之(S63)

「今シーズンよりコーチを仰せつかりました、新井です。早稲田は基本的に4年生を中心にチームが機能していく中で、コーチとして何を為すかを胸に監督、選手と共に取組んでいきたいと考えています。

リーグ戦では、1部への復帰が、唯一無二の必ず達成しなくてはならない目標になります。ひとりひとりの長所を最大限伸ばし、それをチームとしての強みとし、ひと試合毎に強くなっていくチームにしていきたいと思っています。是非とも会場に足をお運び頂き、今年のワセダバレーをご覧頂きたいと思います。よろしくお願い致します。」

 

コーチ  赤井壮宏(H12)

「今シーズンよりコーチとなりました赤井です。1月より既に今シーズンはスタートしておりますが、吉井監督・新井コーチと共に、選手と一緒に汗を流しながら、厳しい練習に取り組んでおります。

例年と違い、今年は厳しい状況からのスタートではありますので、危機感を持って高い目標に向かって努力しておりますが、OB・OGの皆様には是非、練習・試合会場にも足を運んで頂き、熱いご声援を頂ければと思います。宜しくお願い致します。」

 

新入生

 小関直明 191cm センター スポーツ科学部 日大山形高

 08春高出場 08インターハイ出場 2008高校選抜 2008全国私学3位(ベスト6選出)

「早稲田大学に入学することができ、大変嬉しく思います。大学ではバレーボールは勿論、勉学も疎かにせず、文武両道を実践することも目標としています。バレーボール部では1年生だからといって臆さずに、前向きに部活動に取り組んでいきたいです。そして、人間として成長できるようこれからの4年間を過ごしていきたいです。」

 

 伊藤康宏 182cm セッター スポーツ科学部 岩手県立不来方高

 08春高出場 08インターハイ出場 2008高校選抜

「大学でも高いレベルでバレーボールを続けられることを大変光栄に思っています。大学は勉強ができる環境ですので、バレーボールのみならず、勉学にも励んでいきたいと思っています。そして、バレーボール部に貢献できるよう練習し、セッターという役割もあり、プレーでチームを引っ張っていきたいです。」

 

 梅澤盛龍 171cm セッター 教育学部 早稲田実業高

 08春高出場

 

(女子)

主将 高橋里恵 (スポーツ科学部 4年 帝京長岡高)

「私達は「打破」をスローガンに掲げ、冬場の練習や厳しいトレーニングを積んできました。今年は早稲田のDNAである「粘り」「コンビ」「自立」を受け継ぐことはもちろんですが、個人個人の壁やチーム全体の壁を打ち破ることで、お互いを信頼しているからこそ創り上げられる今年のチームにしかできないバレーをしたいと考えています。

春季リーグ戦は新チームで挑む初めての公式戦です。私達の最終目標である『優勝』を達成するために、1戦1戦、1球1球を大切にして、1歩1歩段階を踏んで成長していきたいです。

またいつも応援して下さるたくさんのOB・OGの方々、ご父兄の方々への感謝の気持ち、早稲田の伝統への誇りを胸にいかなる時も全力で頑張りますので、これからもあたたかいご声援をよろしくお願い致します。」

 

新入生

 町田実穂 180cm ライト スポーツ科学部 八王子実践高

 08春高出場 08インターハイ出場 08東西対抗出場

 

監督挨拶  麻生俊行(S61)

「今年度も女子チームの指揮を執らせていただきます。ユニバーシアード直前の今回、関東1部女子リーグでは、各チームとも、より高いレベルでのゲームを行いユニバーシアードに弾みをつけようという高い意識で臨みます。一方、早稲田女子チームは、2枚ブロックをものともしない高橋主将(4年)、ユニバーシアード代表候補の速さと高さの森田(4年)の大学女子を代表する二人のエースを中心に、澤柳・杉本・上川・野本の4人の4年生が脇を支えチームづくりを行っています。セッターには大学から転向したばかりながらセンス抜群の田中、センターは高さの菅野・宮野、ライトは成長著しい藤村、そしてセンターもサイドもこなせる石川の5人の3年生が競争しながら高め合いチームの中軸となります。

また、ガッツ溢れるリベロの平田、小さなエースの高野の2年生コンビの活躍も期待されます。OB・OGの皆様におかれましては、絶対あきらめない粘りのレシーブから繋いでエースが決める早稲田のパターンを軸に中軸の3年生が変化をつける今年度のチームに、例年どおりのご支援・ご声援をよろしくお願いします。」

 

コーチ  甲斐麻見子(H9)

「OG・OBの皆様、いつも変わらぬご声援・ご支援賜りまして誠にありがとうございます。

春リーグ、昨年の成績を上回れるよう学生一同、スタッフ一同全力を尽くします。お時間がありましたら、是非会場に足をお運びいただき、ご観戦後は学生達にお声を掛けていただき、叱咤激励頂けますと大変ありがたく存じます。何卒宜しくお願い申し上げます。」

 

 

4.OB・OG懇親会のお知らせ 

 

男子は残念ながら2部に降格しましたが、1部復帰をめざす2部の初戦はライバルの慶応義塾と20年以上ぶりにリーグ戦で対戦します。女子も同じ日にリーグ戦が開幕します。その春季リーグ初戦の日に、試合観戦の後、OBOGが集まり懇親会の開催を予定しています。

 

日 時: 2009年4月11日(土) 17:30ころ開始

場 所: ブラッスリー銀座ライオン 渋谷マークシティ店

渋谷駅下車マークシティビルRESTAURANTS AVENUE 4F  TEL 03-5428-3612

(JR渋谷駅 徒歩1分、地下鉄渋谷駅 徒歩1分(双方とも出口直結))

会 費: 男性5,000円、女性3,000円を予定

 

当日は、男子会場は、駒沢大学玉川キャンパス体育館(二子玉川駅からバス)、女子会場は、渋谷の青山学院記念館となります。リーグ戦の組み合わせ会場は、同封したリーグ戦日程をご参照ください。

出席希望の方は、懇親会幹事 高野和弘 総務副委員長(55)まで、ご連絡ください。

 

5.春季強化合宿・練習試合(予定) 

 

(男子)

  3月 5日(木)    合宿(NEC)

     ~6日(金)

  3月22日(日)    東洋大学との練習試合

  3月26日(木)    法政大との練習試合

  3月28日(土)    中央大との練習試合

  4月 1日(水)    合宿(東レ)

     ~4日(土)

(女子)

  3月21日(土)    日本女子体育大との練習試合

  3月26日(木)    静岡産業大・中京女子大・中京大・大阪体育大と合同合宿・練習試合

     ~29日(日) 

  4月 4日(土)    日本大との練習試合

 

 

6.早慶定期戦の日程が決定 

 

 男子第73回、女子第26回早慶定期戦は6月6日(土)早稲田大学記念会堂で開催されることが決定しました。今年の当番校は早稲田、来年(2010年)も、慶応が150周年事業で日吉記念館を建て替えるため早稲田で開催、2011年以降交互開催になります。

 これまでの通算成績は、男子が57勝15敗、女子が22勝3敗となっています。

 また、今年も早慶定期戦の記念品としてストラップの作成、販売を予定しており、収益は現役に対する支援にまわしたいと考えています。

 

   当日のスケジュール(予定)

    13:00   男女合同開会式

    13:30   女子戦

    15:00   男子戦

    男子戦終了後  閉会式

   なお、閉会式後に戸山キャンパスカフェテリアにおいてレセプションを行う予定としており、

   開始時刻は、16:30~17:00の間を想定しています。

 

 

7.「春高バレー」に早実が3年連続出場へ 

 

 今年の「春の高校バレー」(第40回全国高等学校バレーボール選抜優勝大会)は、3月20日(金)~26日(木)までの7日間 東京・国立代々木競技場で行われます。

大会には、全国の地区大会を勝ち抜いた男女106校が出場しますが、東京代表に森国吉雄監督(S52)率いる早稲田実業が3年連続6回目の出場を決めました。

1回戦は21日(土)愛媛県代表の松山工高と対戦します。早実チームの活躍を期待します。

 

 

8.「平成20年度 体育各部卒業生謝恩会」を開催 

 

 体育各部の卒業生による今年度の謝恩会が、3月13日(金)リーガロイヤルホテル東京で大学や稲門体育会関係者、多くの卒業生が出席して盛大に開かれました。

 来賓の野嶋栄一郎早稲田大学常任理事(競走部部長)は「勉強ともう一つ、競技生活を成し遂げて卒業出来ることを誇りに思って下さい。学生生活は終わりますが今後の発展を祈ります」

 宮内孝知競技スポーツセンター所長は「団体種目で全国制覇を成し遂げた部は、3年連続男女優勝の庭球部(男子は4連覇)、2年連続のラグビー部、軟式庭球部、22年ぶりの女子弓道部、53年ぶりのヨット部、男子スキー部、レスリング部、女子合気道部で、惜しくも準優勝の部も多数ありました。また個人種目でも、8月の北京五輪に5名、9月のパラリンピックには2名が出場したのをはじめ、多くの各部部員が全日本選手権や全日本学生選手権等で優勝や入賞し好成績を収めました。

 このような各部、部員の活躍で、「全国大学スポーツランキング」(本年で30回目)で29年連続1位の日本大学を抜いて初めて1位になりました。ネクスト125年の第一歩を踏み出し、非常に頑張った1年間でした」

 河野洋平会長は「早稲田のアスリートとして4年間頑張ったこと、経験した時間は非常に貴重なものであったと思います。また、その努力に対して敬意を表します。早稲田スポーツの1ページを記憶に留め、母校愛を持ち、これから日本、世界のために頑張る人生を送って欲しいと思います」とそれぞれ祝辞を述べました。

 バレーボール部からは、若月建吾、土屋友美、宮島佑依の3名の卒業生が出席しました。

 

9.訃報 

 

  澁田 侑三さん (S17)   平成21年2月6日 ご逝去

  ご冥福をお祈り申し上げます。

 

【編集後記】

 男子部は、残念ながら2部リーグでスタートすることとなりましたが、リーグ戦初戦で『早慶戦』が実現することとなりました。定期戦での対戦を除くと、1983(昭和58)年の東日本インカレの1回戦で対戦(結果はセットカウント2-1で勝利)して以来、久しぶりの公式戦となります。

 本文でもご案内しましたが、その日の試合観戦後、OB・OG懇親会を開催する予定としておりますので、ご都合のつく方は是非、参加いただければと思っています。どうぞよろしくお願いします。