about  
 早稲田大学
kodo2

item1 早稲田大学バレーボール部

早稲田大学バレーボール部男子は、昭 和6年(1931)創部、翌昭和7年(1932)関東学生排球連盟が結成され、早大の公式試合の初参加となる関東学生春季リーグに出場。昭和9年 (1934)春季リーグで初優勝、昭和10年(1935)春季から昭和16年(1941)秋季リーグまでリーグ戦14連覇の偉業を果たし、日本のバレー ボール界をリードしてきた。また戦後も、昭和23年の第1回全日本大学選手権に優勝。昭和28年(1953)単独で渡米し全米選手権に出場し、世界の主流 であった6人制バレーを体得、日本へ持ち帰り、6人制のパイオニアとなった。関東大学リーグ優勝23回、全日本大学選手権優勝3回、準優勝3回。2009年度全日本大学選手権ベスト8。慶応義塾大学との「早慶戦」、関西学院大学との「早関戦」、OBも加わって競う「全早慶明」の定 期戦をおこなう。現在関東大学リーグ1部で1部。

女子部は、昭和27年(1952)創 部、昭和37年(1962)はじめて1部昇格、2005年東日本インカレで準優勝、現在関東大学リーグ1部、2008年度全日本選手権ベスト16。慶応 義塾大学との「早慶戦」をおこなう。

バレーボール部は、進取の精神と学生が自ら考え行動することを原点とし、各自の理想と目標達成に向けて、有意義な学生生活をおくっている。

  >練習会場

  >早稲田バレー発祥の地