item1
 早稲田大学
 about  

WASEDA UNIVERSITY VOLLEYBALL CLUB 

早稲田大学バレーボール部は、昭和6年(1931年)に創部、昭和28年(1953年)に、単独で渡米して全米選手権に出場し世界の主流 であった6人制バレーを体得した。日本へ持ち帰り6人制のパイオニアとなった。関東大学リーグ優勝23回、全日本大学選手権優勝3回。2011年、男子は関東大学リーグ1部リーグに所属、女子は2部リーグに所属。リーグ戦優勝と学生日本一をめざして、鍛錬している。

item1h3a1c1b2a3a1b3b1a3a3a1a1 稲門通信    No.238(平成23年度第2号) 2011年3月17日

 発行:広報委員会 一部省略して掲載します。

久しぶりに男子部・女子部揃って1部リーグで迎えることとなり、現役も奮起を目指し練習に励んでいます。加えて、男子の開幕戦の試合会場が記念会堂となっていますので、是非とも試合会場へ足を運んでのご声援をよろしくお願いします。

 

1.平成23年度 稲門バレーボール倶楽部総会を開催 

 

3月5日(土)に平成22年度稲門バレーボール倶楽部総会が競技スポーツセンター会議室で開催され、議題は原案どおり承認されました。総会資料につきましては、別紙をご参照ください。また総会終了後、懇親会 兼 4年生送別会を開催しました。

2.平成23年度 春季関東大学男女バレーボールリーグ戦の日程 

 

別紙をご参照下さい。

※試合日程は3月10日現在の情報であり、今後変更となる可能性がありますのでご注意ください。

 

 

3.平成23年度 男女抱負 (※メンバーについては別紙をご参照下さい。) 

 

(男子)

主 将 市川 智之(スポーツ科学部 4年 東京学館新潟高)

「我々早稲田大学は、昨年の秋、2部リーグで2位という不本意な結果ではあったものの、3年ぶりに1部リーグに復帰することが出来ました。昨年とは主力メンバーがほとんど変わっていない中で、去年から出場機会があった選手はもちろんのこと、サブメンバーの選手達も含め、一人ひとりが大きく成長を遂げるため、日々厳しい練習やトレーニングを行いチームの底上げを図りました。

今年の早稲田は、去年までの早稲田より更に一歩先へ行けるように、常にチャレンジャー精神で、チーム一丸となって春季リーグに臨みたいと思います。

また、今年は創部80周年という節目の年でもありますので、お世話になった方々、応援してくださる方々のためにも必ずや関東大学1部リーグで結果を残したいと思います。

最後になりましたが、今年度も早稲田大学バレーボール部を宜しくお願いいたします。」

 

監 督  吉井 勝彦(S61)

「『創部80周年』を早稲田にとって記念すべきシーズンにしようと、年明けから、スタッフ・選手が一体となり、新4年生が中心となり「学生バレー・スポーツのあるべき姿」を模索し、チーム作りをスタートしました。2年ぶりの1部リーグ戦ということで、厳しい戦いとなることが予想されますが、「泥くさいレシーブ」を早稲田の最大の武器とし、「圧倒的なスピードで敵陣を圧倒するバレー」、打棒の早稲田を復活させ、リーグ戦を勝ち抜きたいと思います。

 皆様の応援、よろしくお願い申し上げます。」

 

コーチ  新井 千之(S63)

「この春のリーグ戦は、昨年のチームが残してくれた1部昇格という置き土産に対して、応えていかなくてはいけない、大事なシーズンだと思っています。

 今年のチームは、昨年からのメンバーが多く残ってはいますが、それがアドバンテージになるとは思っていません。とにかく1戦1戦、1セット1セット、1球1球に全力で取組むことでのみ、結果は付いてくると思います。自分もコーチとして、出来ることは何でもやりたいと思っています。

皆様のご指導、よろしくお願い申し上げます。」

 

(女子)

主 将 高野  彩(スポーツ科学部 4年 小金高)

「今年度主将に就任しました高野彩です。今年は昨年の主力であった4年生が多く抜け、チームの体制も変わりました。新チームがスタートし、「全日本インカレ優勝」を目標に掲げ練習を積み重ねてきましたが、まだまだ目標には遠い位置にいると自覚しています。新一年生も含め、個が最大限の力を出し、全員が一つの方向を向いて闘っていけるよう、上級生がしっかりと引っ張っていきたいと思います。一年間を通してどのチームよりも成長し、目標達成できるよう、まずは春リーグベスト4以上を目指してがんばります。応援よろしくお願いいたします」

 

監 督 松本 義隆(H8)

「お世話になっております、平成8年卒業の松本隆義です。

5年前までは男子部のコーチを6年間務めましたが、昨年から女子部のコーチとなり、本年度からは女子部の監督に就任いたしました。

新チームがスタートしてから2ヶ月ほどが経ちますが、合宿等を含め充実した活動を行えているのは、一重にOGおよびOBの皆様の温かいご支援あっての事だと心より感謝しております。

今年のチームについては、レギュラーが4人(卒業生)も抜けるという、非常に苦しい状況です。しかし、その現状を新4年生を中心に学生自身がしっかりと自覚し、目標である『日本一』を達成する為に、日々厳しい練習に取り組んでいます。

スタッフ一同も何とか学生達に『日本一』を獲らせてあげたいと思い、出来る限りのサポートをしておりますので、OGおよびOBの皆様におかれましても、僭越ではございますが、引き続き暖かいご指導およびご声援を頂ければ幸いでございます。

以上、2011年も女子部の応援をよろしくお願いいたします!」

 

 

4.5月13日に「稲門体育会会員総会」開催へ  

 

 「平成23年度 稲門体育会会員総会」が、5月13日(金)リーガロイヤルホテル東京(18時30分 開会)に於いて開催されます。

稲門体育会は体育各部44部のOB,OGの会員によって構成する組織で、会員相互の親睦を図り、早稲田スポーツの振興と発展に寄与することを目的としています。

昨年は優秀な戦績を収めた部が多く、会も盛り上がることが期待されますので、今年も会員の皆様の参加をお待ちしています。

 

 

5.会費納入状況(前回掲載分~3/11)および会費納入のお願い 

6.稲門通信メール配信  

 

稲門通信のe-mail配信を実施していますので、メールでの受信を希望される方は、ご連絡ください。

メールによる受信者増は通信費の経費削減につながり、結果として現役への支援額の増額となりますので、積極的な登録をよろしくお願いします。

 

【編集後記】

東日本および北信越を襲った大地震による被災状況が刻々と報道され、その被害の大きさ、惨状に言葉が出ません。報道発表によると、現在確認できているだけでも千名以上が亡くなられており、今後その数が増加する状況とのことで、その地域にお住いの方々の安否がとても気になります。