item1
 早稲田大学
 about  

WASEDA UNIVERSITY VOLLEYBALL CLUB 

早稲田大学バレーボール部は、昭和6年(1931年)に創部、昭和28年(1953年)に、単独で渡米して全米選手権に出場し世界の主流 であった6人制バレーを体得した。日本へ持ち帰り6人制のパイオニアとなった。関東大学リーグ優勝23回、全日本大学選手権優勝3回。2011年、男子は関東大学リーグ1部リーグに所属、女子は2部リーグに所属。リーグ戦優勝と学生日本一をめざして、鍛錬している。

item1h3a1c1b2a3a1b3b1a3a3a1 早稲田大学 男子バレーボール部 2011年度戦績

 

平成23年度全日本大学選手権大会

12月8日(水) 川崎市多摩スポーツセンター

 3回戦

 早稲田0−2中央大 20-25、21-25

 2回戦

 早稲田2−0北海学園大学 25-12、25-18

12月7日(水)予選グループ戦 駒沢屋内球技場

 早稲田2−1東海大札幌校舎 23-25、25-19、26-24

12月6日(火)予選グループ戦 駒沢屋内球技場

 早稲田2−0東北福祉 25-15、25-17

 

平成23年度秋季関東大学リーグ戦

10月30日(日) 入替戦 駒沢大学二子玉川キャンパス体育館

早稲田3−0宇都宮大(2部1位) 25-14、25-22、25-20 1部残留

10月16日(日) 第11日 日本体育大学健志台米本記念体育館

早稲田1−3国士舘 25-22、25-20、23-25、17-25、13-15

  最終結果4勝7敗(セット率0.680) 10位

  最多得点1位に早稲田大学の七里幸洋(2年生社会科学部)が選ばれました。

10月15日(土) 第10日 日本体育大学健志台米本記念体育館

早稲田3−1慶應義塾 25-22 、14-25、25-14、25-23

10月2日(日) 第9日 東海大学湘南校舎総合体育館

早稲田1−3中央大 18-25、22-25、25-18、20-25 早稲田3勝6敗

10月1日(土) 第8日 東海大学湘南校舎総合体育館

早稲田3−0法政大 25-20、25-22、29-27

9月25日(日) 第7日 東海大学湘南校舎総合体育館

早稲田0−3筑波大 18-25、24-26、21-25 早稲田2勝5敗

9月24日(土) 第6日 東海大学湘南校舎総合体育館

早稲田3−1国際武道大 23-25、25-20、25-19、25-23

9月19日(月・祝) 第5日 専修大学総合体育館

早稲田1−3明治大 25-23、18-25、23-25、21-25 早稲田1勝4敗

9月18日(日) 第4日 専修大学総合体育館

早稲田0−3専修大 25-27、13-25、20-25

9月17日(土) 第3日 専修大学総合体育館

早稲田0−3日体大 16-25、24-26、25-27

9月11日(日) 第2日 早稲田大学記念会堂

早稲田3−2順天堂 25-23、27-25、17-25、37-39、17-15

9月10日(土) 第1日 早稲田大学記念会堂

早稲田1−3東海大 18-25、24-26、26-24、18-25

 

第63回早関バレーボール定期戦

8月14日(日) 関西学院大学西宮聖和キャンパス体育館

エキシビションマッチ

  早稲田2-0関西学院 25-22、25-12

早関定期戦

  早稲田3-0関西学院 25-23、25-21、25-23

  通算対戦成績  早稲田の51勝12敗

 

第30回東日本バレーボール大学選手権大会

6月24日(金)東京体育館

2回戦 早稲田0−3中央大 20-25 17-25 22-25

6月23日(木)東京体育館

1回戦 早稲田3−0成城大 25-15 25-13 25-17

 

第75回 早慶バレーボール定期戦

6月19日(日) 早稲田大学記念会堂

早稲田1-3 30ー32、25ー16、23ー25、24ー26慶應義塾

早稲田の58勝17敗

 

第64回 全早慶明バレーボール定期戦

5月29日(日) 慶應義塾日吉記念館

全早稲田0−3全慶應義塾  23-25、19-25、20-25

全早稲田0−3全明治 19-25、17-25、20-25

全明治3−2全慶應義塾 21-25、25-19、19-25、26-24、16-14

全明治は、2年連続20回目(同率優勝9回を含まず)の優勝。

 

【第1回バレーボール大学男子東京六大学交流戦】

5月22日(日) 早稲田大学記念会堂

早稲田2−0明治 25−19、25-22

東大0−2慶應 12ー25、12ー25

東大0–2立教  21ー25、18ー25

法政0–2慶應  18-25、17-25

明治2−0法政  25-21、25-14

最終結果

優勝 慶応義塾 5勝

2位 早稲田  3勝2敗 セット率2.0

3位 明治   3勝2敗 セット率1.2

4位 法政   3勝2敗 セット率1.0

5位 立教   1勝4敗

6位 東大   5敗

 

5月15日(日) 早稲田大学記念会堂

早稲田2-0東大 25-8、25-20

早稲田2-0立教 25-15、28-26

法政2―0東大 25-20、27-25

慶應2―0立教 25-14、25-19

慶應2ー0明治 25-20、25-19

 

5月8日(日) 慶応義塾大学日吉記念館

早稲田1-2法政 25-18、18-25、19-25

早稲田1-2慶応 18-25、25-23、16-25

 スターティングメンバー 市川、倉坂、伊藤、吉村、七里、濱松、専田、リベロ太田。

 ※倉坂は1試合目1セット目に負傷交代。一年生の専田に代わりました。

明治2-1 東大

明治2-1 立教

法政2-0 立教