item1

早稲田大学バレーボール部

item1h3a1c1b2a3a1b3b1a3a3a1a1  稲門通信 No.245(平成24年度第4号)

2012年8月22日          

発行:広報委員会

内容を一部省略して記載しています。

稲門通信

広報委員長  木下  健

広報副委員長 弘津 知樹 

 

現役男子主務 小谷 世和 

現役女子主務 篠  沙織 

早稲田大学バレーボール部ホームページ

http://www.wasedavolley.org/

 

 暦の上では秋が始まる二十四節気の「立秋」が過ぎたものの、日本各地では最高気温35度以上の猛暑日を記録し、寝苦しい夜が続いておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。9月15日より秋季リーグ戦が始まり、男子部・女子部ともに2季ぶりに揃って1部リーグで戦うこととなります。上位チーム校に対して熱戦を繰り広げてくれるのではと期待しています。皆様の応援をよろしくお願いします。

1.平成24年秋季関東大学バレーボールリーグ戦日程および組合せ(案) 

 秋季リーグ戦は、9月15日(土)~10月14日(日)の日程で開催される予定です。詳細については別紙「秋季リーグ戦 日程及び組合せ(案)」をご参照ください。ただし、日程も変更の可能性がありますのでご注意ください。

>>詳細は学連のホームページを参照 http://www.volleyball-u.com/kanto/

2.第31回東日本大学バレーボール選手権大会男女結果 

 東日本大学バレーボール選手権大会が、6月28日(木)~7月1日(日)の日程で北海道札幌市の「北海きたえーる(北海道立総合体育センター)」「札幌美香保体育館」「札幌中央体育館」「厚別区体育館」を会場として開催されました。結果は以下の通りです。

【男子】

6月28日(木) トーナメント 2回戦 札幌美香保体育館

 早稲田 3-0 産業能率大 (25-17、25-12、25-17)

6月29日(金) トーナメント 3回戦 北海きたえーる(北海道立総合体育センター)

 早稲田 3-0 札幌大 (25-18、25-15、25-17)

   〃    トーナメント 準々決勝 北海きたえーる(北海道立総合体育センター)

 早稲田 0-3 筑波大 (17-25、22-25、22-25)

【女子】

6月28日(金) トーナメント 1回戦 北海きたえーる(北海道立総合体育センター)

 早稲田 3-0 修紅短期大 (25-22、25-10、25-21)

   〃    トーナメント 2回戦 北海きたえーる(北海道立総合体育センター)

 早稲田 1-3 松蔭大 (21-25、19-25,25-20,13-25)

 

3.天皇杯皇后杯全日本6人制バレーボール選手権大会 東京都予選結果 

 

 男子部が7月21日(土)~22日(日)、女子部が7月24日(日)に東京電機大学高等学校体育館で開催された「平成24年度 天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 東京都予選会」に出場しました。結果は以下の通りです。

【男子】

 7月21日(土) 準々決勝

 早稲田 0-2 東陵東京クラブ (25-13、25-14)

 7月22日(日) 準決勝

 早稲田 0-2 日本体育大学 (16-25、18-25)

【女子】

 7月22日(日) 準決勝

 早稲田 0-2 日女体クラブ (13-25、21-25)

 

4.夏合宿・遠征等の予定 

【女子】

  8/ 8(水)       練習試合(八王子実践高校)

  8/14(火)~20(月) 京都・大阪合宿(京都橘大学、大阪大谷大学)

 

5.全早慶明定期戦 予定 

 第65回全早慶明バレーボール定期戦(当番校 明治大学)が、11月3日(土)に明治大学和泉校舎体育館で開催されます。

 明治(春季リーグ戦:5位、東日本インカレ:ベスト8)、慶應義塾(春季リーグ戦:4位、東日本インカレ:3位)共に1部リーグで競う中、前哨戦として、伝統あるこの定期戦で両校を撃破してくれることを期待しています。

 <当日の予定>

 開会式  11:00 

  第一試合 全早稲田 対 全慶應、第二試合 全早稲田 対 全明治、第三試合 全慶應 対 全明治

 閉会式 17:00頃

 尚、閉会式終了後 3校OBの懇親会を予定しています。

 

7.稲門通信メール配信  

稲門通信のe-mail配信を実施しています.メールによる受信者増は通信費の経費削減となり、結果として現役への支援額の増額につながりますので、積極的な登録をよろしくお願いします。また、アドレスを変更された方もご連絡ください。

 

【編集後記】

 男女ともに秋季リーグ戦が9月15日より開幕します。男子は、国際武道大学・国士舘大学に替わり、それぞれ専修大学・東京学芸大学が昇格し、女子は、日本女子体育大学に替わって本学が昇格して1部リーグ戦に臨みます。男子部・女子部も少数精鋭で上位進出を目指していますので、是非とも足をお運びいただき、試合会場での応援をよろしくお願いします。

 about  
 早稲田大学

WASEDA UNIVERSITY VOLLEYBALL CLUB 

早稲田大学バレーボール部男子は、昭 和6年(1931)創部、翌昭和7年(1932)関東学生排球連盟が結成され、早大の公式試合の初参加となる関東学生春季リーグに出場。昭和9年 (1934)春リーグで初優勝、昭和10年(1935)春季から昭和16年(1941)秋季リーグまでリーグ戦14連覇の偉業を果たし、戦前の日本のバレー ボール界をリードしてきた。また戦後も、昭和23年の第1回全日本大学選手権で優勝、昭和28年(1953)単独で渡米し全米選手権に出場し、世界の主流 であった6人制バレーを体得、日本へ持ち帰り、6人制のパイオニアとなった。関東大学リーグ優勝23回、全日本大学選手権優勝3回、準優勝3回。2012年度全日本大学選手権 第3位、2013年度秋季関東大学リーグにて27年ぶりの優勝を、また同年全日本大学選手権で61年ぶりの優勝を果たした。伝統ある定期戦は、慶応義塾大学との「早慶戦」(2013年度、第77回)、関西学院大学との「早関戦」(同、第65回)、OBも加わって競う「全早慶明」(同、第66回)の定期戦がある。2013年度、男子は関東大学リーグ1部リーグに、女子は2部に所属。毎年、リーグ戦優勝と学生日本一をめざして、学生自主のもと、鍛錬している。

item5