item1

早稲田大学バレーボール部

稲門通信

No.247(平成25年度第1号) 2013年1月31日          

発行:広報委員会

内容を一部省略して記載しています

発行:広報委員会

広報委員長  木下  健

広報副委員長 弘津 知樹 

早稲田大学バレーボール部ホームページ

http://www.wasedavolley.org/

 今年も早一ヶ月が過ぎ「立春」を迎え、暦の上では春となりました。大学も入試も目前に迫っており、緊張感が漂っていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 現役も新体制となり、春季リーグ戦では、男子部・女子部ともに上位進出を目指していますので、皆様の一層の応援をよろしくお願い致します。

 

1.平成25年度稲門バレーボール倶楽部総会開催のご案内 

 平成25年度総会を以下の要領で開催いたします。

詳細につきましては、別紙「総会開催のご案内」をご参照のうえ、同封しました返信用ハガキにて出欠席のご連絡をお願いします。

  日 時 2013年3月2日(土) 14時~ 総会  16時半~ 懇親会

  場 所 早稲田大学競技スポーツセンター(旧体育局) 2階会議室

   ※総会終了後、早稲田奉仕園リバティホールで懇親会及び4年生送別会を予定しています。

    ご参加いただきますよう、よろしくお願いします。

 

2.平成24年度全日本インカレ男女結果 

 全日本バレーボール大学男女選手権大会(第65回秩父宮賜杯・第59回秩父宮妃賜杯)は、

12月3日(月)~12月9日(日)川崎市とどろきアリーナ、東京武道館、府中郷土の森総合体育館ほかで開催されました。

【男子】

12月6日(木)   東京武道館

<決勝トーナメント2回戦>

 早稲田 2-0 愛知教育大 (25-21、25-22)

<決勝トーナメント3回戦>

 早稲田 2-0 立命館大 (25-18、25-21)

12月7日(金)

<決勝トーナメント4回戦>

 早稲田 3-0 近畿大 (28-26、25-22、25-18)

<準々決勝>

 早稲田 3-1 中央大 (25-21、28-26、20-25、25-20)

12月8日(土)   とどろきアリーナ(特設コート)

<準決勝>

 早稲田 1-3 慶應義塾大 (25-23、20-25、21-25、22-25)

12月9日(日)

<3位決定戦>

 早稲田 3-1 専修大 (25-22、25-23、21-25、25-22)

  MIP賞 梅澤 成龍(セッター、教育学部4年、早稲田実業)

最終成績 : 第 3 位

 

【女子】

12月4日(火)   府中郷土の森総合体育館

<予選グループ戦>

 早稲田 2-0 広島文化学園大 (25-17、25-19)

 12月5日(水)   府中郷土の森総合体育館

<予選グループ戦>

 早稲田 2-0 常磐会短期大 (25-7、25-11)

<決勝トーナメント1回戦>

 早稲田 2-0 東北学院大 (25-13、25-8)

 

12月6日(木)   府中郷土の森総合体育館

<決勝トーナメント2回戦>

 早稲田 0-2 長崎国際大 (19-25、15-25)

 

3.第二回 東京六大学バレーボール交流戦 結果 

 昨年度に引き続き、東京六大学バレーボール交流戦が11月17日(土)・18日(日)に、早稲田大学記念会堂で開催されました。結果は以下の通りです。

11月17日(土) グループ戦   於早稲田大学記念会堂

<Aグループ>

第一試合 慶応義塾 2−0 立 教 (25−11、25−17)

第二試合 法 政  2−0 立 教 (25−16、25−17)

第三試合 慶応義塾 2−0 法 政 (25−19、25−23)

<Bグループ>

第一試合 早稲田 2−0 東 京 (25−19、25−16)

第二試合 明 治 2−0 東 京 (25−19、25−18)

第三試合 早稲田 2−1 明 治 (25−21、21−25、25−16)

 

11月18日(日) 順位決定戦   於早稲田大学記念会堂

 3位決定戦

  明 治 2−3 法 政 (23−25、25−20、25−14、23−25、7−15)

 5位決定戦

  東 京 2−3 立 教 (20−25、25−18、18−25、25−17、10−15)

 優勝決定戦

  早稲田 2−3 慶応義塾(25−22、20−25、25−21、21−25、12−15)

 〔最終順位〕

   1位 慶応義塾大学   2位 早稲田大学   3位 法政大学

   4位 明治大学   5位 立教大学   6位 東京大学

 

3.卒業生進路および現役新体制 

《現役新体制》

【男子】

 吉村 康佑 (主将  スポーツ科学部4年  佐世保南高)

 本間 隆太 (副将  スポーツ科学部4年  弥栄高)

 舩越  敦 (主務  スポーツ科学部4年  早稲田実業高)

 

【女子】

 高橋  早紀(主将  スポーツ科学部4年  下北沢成徳高)

 濱野 安希子(副将  スポーツ科学部4年  共栄学園高)

 岩崎  優 (副将  スポーツ科学部4年  淑徳SC高)

 鈴木 美和子(主務  スポーツ科学部4年  前橋女子高)

 小高 江利子(学連  スポーツ科学部4年  横須賀高)

 

4.「第54回東京10大学OB戦」の結果  

 「第54回 東京10大学バレーボールOB戦」が、筑波大学付属高等学校にて、以下の通り開催されました。

  日時   2011年11月23日(金・祝) (当番校:中央大学)

  結果   早稲田 1−1 立 教(18−21、21−20)

       早稲田 0−2 筑 波(19−21、16−21)

       参加6チーム中5位となり、吉田(H10)が女子のMVPに選ばれました。

       優勝:中央大学、 2位:筑波大学

 

6.訃報 

   青木 良文さん(S33)  3月1日逝去(享年76歳)

   故人のご冥福をお祈りします

 

8.稲門通信メール配信  

稲門通信のe-mail配信を実施しています。

メールによる受信者増は通信費の経費削減につながり、結果として現役への支援額の増額となりますので、積極的な登録をよろしくお願いします。

 about  
 早稲田大学

WASEDA UNIVERSITY VOLLEYBALL CLUB 

早稲田大学バレーボール部男子は、昭 和6年(1931)創部、翌昭和7年(1932)関東学生排球連盟が結成され、早大の公式試合の初参加となる関東学生春季リーグに出場。昭和9年 (1934)春リーグで初優勝、昭和10年(1935)春季から昭和16年(1941)秋季リーグまでリーグ戦14連覇の偉業を果たし、戦前の日本のバレー ボール界をリードしてきた。また戦後も、昭和23年の第1回全日本大学選手権で優勝、昭和28年(1953)単独で渡米し全米選手権に出場し、世界の主流 であった6人制バレーを体得、日本へ持ち帰り、6人制のパイオニアとなった。関東大学リーグ優勝23回、全日本大学選手権優勝3回、準優勝3回。2012年度全日本大学選手権 第3位、2013年度秋季関東大学リーグにて27年ぶりの優勝を、また同年全日本大学選手権で61年ぶりの優勝を果たした。伝統ある定期戦は、慶応義塾大学との「早慶戦」(2013年度、第77回)、関西学院大学との「早関戦」(同、第65回)、OBも加わって競う「全早慶明」(同、第66回)の定期戦がある。2013年度、男子は関東大学リーグ1部リーグに、女子は2部に所属。毎年、リーグ戦優勝と学生日本一をめざして、学生自主のもと、鍛錬している。

item5