item1

item1h3a1c1b2a3a1b3b1a3a3a1a 稲門通信

No.248(2013年度第2号) 2013年3月31日          

発行:総務委員会

内容を一部省略して記載しています

総務副委員長(広報グループ) 木下  健

総務委員(広報グループ)   田中 浩一

    〃         弘津 知樹

現役男子主務 舩越  敦 

現役女子主務 鈴木美和子 

早稲田大学バレーボール部ホームページ

http://www.wasedavolley.org/

 

1.2013年 稲門バレーボール倶楽部総会を開催 

3月2日(土)に2013年稲門バレーボール倶楽部総会が競技スポーツセンター会議室で開催され、議題は原案どおり承認されました。総会資料につきましては、別紙をご参照ください。また総会終了後、懇親会 兼 4年生送別会を開催しました。

 

2.2013年度 春季関東大学男女バレーボールリーグ戦の日程および抱負 

※試合日程は3月13日現在の情報であり、今後変更となる可能性がありますのでご注意ください。

【男子部】

<吉井監督 抱負>

目標は、昨年成し遂げられなかった「真の学生日本一」です。選手一人ひとりの技術レベルは高くなってきていますので「将来、世界の舞台で戦う」ことをビジョンとして描き、技術・戦術・体力・メンタルを鍛え、そして学び、成長してほしいと考えています。

年明けから、例年どおり体づくりや基本練習を中心とした練習に取り組み、2月にはトレーニング合宿、続いて房総での強化合宿を行ってきました。3月には1週間の大阪合宿で西日本の有力校との強化練習を行い、また実業団チームとの練習試合もこなし、リーグ戦開幕の準備を進めてきました。春のリーグ戦は、今年のシーズンを占う大変重要、かつ期待の高まるリーグです。「荒れるリーグ」とも言われますが、新入生も多数(8名)チームに加わり「真の学生日本一」となるための第一歩として、チーム一丸となり戦っていきたいと思います。この春のリーグ戦では、大きく成長し、躍動する早稲田をお見せできると確信しておりますので、皆様、応援よろしくお願い申し上げます。

 

<吉村主将 抱負>

 今年度早稲田大学バレーボール部主将を務めさせて頂きます、長崎県佐世保南高校出身の吉村康佑です。新チームが発足してからは「自主性を重んじ新の学生日本一」を目標に練習に取り組んでいます。「真の学生日本一」とはバレーボールだけでなく、「心・技・体」全ての面において学生日本一を目指すことです。昨年の全日本インカレでは3位入賞という輝かしい成績を収めることができました。しかし、その結果に甘んずることなく、今年は日本一を目指し、チーム一丸となって取り組んでいきたいと思います。また、私自身、プレーでチームを引っ張るだけでなく、何事にも先頭に立ち、周囲から信頼されるように成長したいと思います。

 今、私達が思う存分バレーボールに打ち込めるのはOB,OGの皆様のお力があってこそとだと思います。今後とも、ご指導、並びにご支援、よろしくお願い致します。

 

【女子部】

<麻生監督 抱負>

OB・OGの皆様、いつも応援、ご支援いただき、ありがとうございます。

女子1部リーグは、関東学連の決定により今春終了後、チーム数が10から8に削減されることになり、9位、10位が自動降格、7位、8位が2部との入替戦ということになっており、多くのチームが昨年からのメンバーに変わりなく大変厳しい戦いが予想されます。

本年度のチームは有望選手4名を新人として迎え、チームはよい意味での競争が生まれ、緊張感のある練習を続けています。「執念」をスローガンにブロックを軸に戦いたいという学生の思いを支援し、チーム目標である日本一、春季リーグは優勝を成し遂げたいと思います。

リベロでチーム主将の高橋、ゲームキャプテンの濱野、副将の岩崎、主将兼トレーナーの鈴木、学連の小高の5人の4年生を中心に、伝統である粘り強い戦いを復活させ、全力で戦いたいと思います。

 

<高橋主将 抱負>

こんにちは。今年度女子部主将を務めさせて頂きます、下北沢成徳高等学校出身スポーツ科学部新4年の高橋早紀と申します。今年度女子部は「執念~PRIDE~」をチームスローガンとし始動しました。そして学生日本一をめざしチーム一丸となり、また早稲田の武器である泥臭い粘りのある戦いをしていけるように頑張りたいと思います。今私たちがこのようにバレーボールを毎日行える環境や、支えて下さる多くのOB/OGをはじめ支えて下さる方々に感謝の気持ち忘れず、また早稲田のユニフォームに袖を通す事を誇りに思い頑張っていきたいと思います。ただ勝つだけではなく、多くの方々に「執念」を感じさせ、応援していただけるチームになっていきたいと思っています。今後ともご声援宜しくお願いします。

 

3.今後の試合日程について(3/26現在) 

 

  5月1日(水)~5月6日(祝)

     第62回黒鷲旗全日本男女選手権大会(大阪府)

  6月16日(日)※予定

     男子第77回、女子第30回早慶定期戦(当番校 早稲田)早慶バレーボール定期戦

  6月20日(木)~6月23日(日)

     第32回東日本大学バレーボール選手権大会(東京都・大田区他)

  12月2日(月)~12月8日(日)

     第66回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会(東京都他・A方式)

  12月2日(月)~12月7日(土)

     第60回秩父宮妃賜杯全日本バレーボール大学女子選手権大会(大阪府・B方式)

 

 

4.バレーボール部、稲門倶楽部への寄付による支援方法について 

 

 寄付による支援方法は大きく分けて、以下の2つの方法があります。

  バレーボール部に対する指定寄付

  稲門バレーボール倶楽部に対する寄付

 バレーボール部への指定寄付とは、寄付者が予め大学内の特定の組織・公認学生団体等を指定したうえで寄付するというものです。この寄付では、寄付者が確定申告時に所得税の減免措置を受けられるというメリットと、寄付を受けたバレーボール部は、大学を通じて遠征費や器具購入の支払いに充当していただけるので、部の入金実績の把握が明瞭になるというメリットがあります。

 現在は、早稲田大学のホームページからでも申し込みが可能となっておりますので、その手続き方法・特典・顕彰等を含め、以下のURLで詳細についてご参照ください。

  体育各部への寄付受付ページ http://kifu.waseda.jp/contribution/sports/each_sports/

 これに対しの稲門バレーボール倶楽部への寄付は、税制上の優遇措置を受けることは出来ませんが、直接、稲門バレーボール倶楽部の管理する銀行口座等に振り込むこととなるため、入金後すぐに支援のため使用することが可能となります。

 

5.地方支部長の交替 

 関東甲信越支部長が、小野瀬さん(S60)の大阪転勤に伴い、代理で吉井さん(S55)へ交替となりました。

6.訃報 

  佐藤 忠臣さん(S31)   平成25年2月14日  ご逝去

    故人のご冥福をこの場をお借りしお祈りいたします

 

8.稲門通信メール配信  

稲門通信のe-mail配信を実施しています。メールによる受信者増は通信費の経費削減につながり、結果として現役への支援額の増額となりますので、徐々にシフトしていきたいと考えています。

加えてメール登録をしていただくと、試合結果など現役の活動状況等をよりスピーディにお伝えできるという効果もありますので、積極的な登録をよろしくお願いします。

【編集後記】

九州では記録上、最も早く桜が開花したとのニュースに加え、16日にも史上最速タイ記録で東京でも桜の開花宣言がありました。春の訪れとともに男女1部リーグ戦が、男子:4月13日から、女子:4月14日にそれぞれ開幕します。男子1部リーグ戦は、記念会堂での開幕試合(Aコート第1試合、対明治大学)となりますので、是非、試合会場に足をお運びいただければと思います。男子部、女子部ともも有望新人が加わり、上位進出を目指し奮闘してくれると思っていますので、引き続き、ご声援、ご支援をよろしくお願い致します。

早稲田大学バレーボール部

 about  
 早稲田大学

WASEDA UNIVERSITY VOLLEYBALL CLUB 

早稲田大学バレーボール部男子は、昭 和6年(1931)創部、翌昭和7年(1932)関東学生排球連盟が結成され、早大の公式試合の初参加となる関東学生春季リーグに出場。昭和9年 (1934)春リーグで初優勝、昭和10年(1935)春季から昭和16年(1941)秋季リーグまでリーグ戦14連覇の偉業を果たし、戦前の日本のバレー ボール界をリードしてきた。また戦後も、昭和23年の第1回全日本大学選手権で優勝、昭和28年(1953)単独で渡米し全米選手権に出場し、世界の主流 であった6人制バレーを体得、日本へ持ち帰り、6人制のパイオニアとなった。関東大学リーグ優勝23回、全日本大学選手権優勝3回、準優勝3回。2012年度全日本大学選手権 第3位、2013年度秋季関東大学リーグにて27年ぶりの優勝を、また同年全日本大学選手権で61年ぶりの優勝を果たした。伝統ある定期戦は、慶応義塾大学との「早慶戦」(2013年度、第77回)、関西学院大学との「早関戦」(同、第65回)、OBも加わって競う「全早慶明」(同、第66回)の定期戦がある。2013年度、男子は関東大学リーグ1部リーグに、女子は2部に所属。毎年、リーグ戦優勝と学生日本一をめざして、学生自主のもと、鍛錬している。

item5