item1

item1h3a1c1b2a3a1b3b1a3a3a1a1 稲門通信

No.249(2013年度第3号) 2013年8月20日        

発行:総務委員会

早稲田大学バレーボール部ホームページ

http://www.wasedavolley.org/

 

1.2013年度春季関東大学バレーボールリーグ戦 男女結果 

【男子1部】

第1日 4月13日(土) 早稲田大学 記念会堂

早 稲 田 1-3 明 治 大 (25-21、16-25、25-27、22-25)

第2日 4月14日(日)  早稲田大学 記念会堂

早 稲 田 3-0 国 士 舘 (25-15、25-20、25-23)

第3日 4月20日(土) 日本体育大学 健志台米本記念体育館

早 稲 田 3-0 法 政 大 (26-24、25-18、25-21)

第4日 4月21日(日) 日本体育大学 健志台米本記念体育館

早 稲 田 3-0 学 芸 大 (25-23、25-17、25-19)

第5日 4月27日(土) 東海大学 湘南校舎総合体育館

早 稲 田 2-3 専 修 大 (24-26、23-25、27-25、25-23、16-18)

第6日 4月28日(土) 東海大学 湘南校舎総合体育館

早 稲 田 3-2 東 海 大 (25-22、25-21、15-25、15-25、15-13)

第7日 4月29日(祝) 早稲田大学 東伏見スポーツホール

早 稲 田 0-3 日 体 大 (18-25、17-25、15-25)

第8日 5月11日(土) 日本体育大学 健志台米本記念体育館

早 稲 田 3-1 中 央 大 (22-25、25-22、25-20、25-22)

第9日 5月12日(日) 日本体育大学 健志台米本記念体育館

早 稲 田 3-0 筑 波 大 (25-18、25-22、25-21)

第10日 5月18日(土) 慶應義塾大学 日吉記念館

 早 稲 田 3-1 順 天 堂 (25-20、20-25、27-25、25-22)

第11日 5月19日(日) 慶應義塾大学 日吉記念館

 早 稲 田 3-0 慶應義塾 (25-13、15-18、25-21)

  最終結果

優勝 日本体育大学 9勝 1敗

2位 専修大学 8勝 2敗

3位 早稲田大学 7勝 3敗

4位 順天堂大学 6勝 5敗(セット率 1.471 )

5位 中央大学 6勝 5敗(セット率 1.412 )

6位 明治大学 6勝 5敗(セット率 1.118 )

7位 筑波大学 6勝 5敗(セット率 1.111 )

8位 東海大学 6勝 5敗(セット率 1.100 )

9位 慶應義塾大学 6勝 5敗(セット率 1.053 )

10位 東京学芸大学 2勝 9敗

11位 法政大学 1勝10敗 ※入替戦へ

12位 国士舘大学 0勝11敗 ※入替戦へ

 個 人 賞  サ ー ブ賞・・・七里 幸洋(社会科学部4年)

      レシーブ賞・・・本間 隆太(スポーツ科学部4年)

      会長特別賞・・・山口 頌平(スポーツ科学部1年)

※1部と2部との入替戦の結果

  法政大学(1部11位) 1-3 駒澤大学(2部 2位) ※駒澤大学1部昇格

  国士舘大学(1部12位) 0-3 国際武道大学(2部 1位) ※国際武道大学1部昇格

 

【女子1部】

第1日 4月14日(日) 青山学院大学 記念館

早 稲 田 0-3 青山学院 (19-25、13-25、26-28)

第2日 4月20日(土) 青山学院大学 記念館

早 稲 田 2-3 東 海 大 (29-27、21-25、25-21、18-25、7-15)

第3日 4月21日(日) 青山学院大学 記念館

早 稲 田 3-1 松 蔭 大 (25-20、21-25、25-14、27-25)

第4日 4月27日(土) 青山学院大学 相模原体育館

早 稲 田 1-3 筑 波 大 (23-25、25-22、20-25、20-25)

第5日 4月28日(日) 青山学院大学 相模原体育館

早 稲 田 0-3 日 体 大 (19-25、16-25、20-25)

第6日 5月11日(土) 青山学院大学 相模原体育館

早 稲 田 3-2 嘉 悦 大 (25-23、28-30、18-25、25-15、15-12)

第7日 5月12日(日) 青山学院大学 相模原体育館

早 稲 田 1-3 宇 都 宮 (25-22、16-25、20-25、13-25)

第8日 5月18日(土) 青山学院大学 記念館

早 稲 田 0-3 東 女 体 (21-25、24-26、20-25)

第9日 5月19日(日) 青山学院大学 記念館

早 稲 田 3-0 国 士 舘 (25-18、25-17、25-22)

  最終結果

優勝 青山学院大学  8勝 1敗

2位 東京女子体育大学  7勝 2敗(セット率 2.300 )

3位 東 海 大 学  7勝 2敗(セット率 2.083 )

    4位 日本体育大学  6勝 3敗

5位 嘉悦大学  4勝 5敗(セット率 0.889 )

6位 筑波大学  4勝 5敗(セット率 0.800 )

7位 宇都宮大学  3勝 6敗(セット率 0.667 )※入替戦へ

8位 早稲田大学  3勝 6敗(セット率 0.619 )※入替戦へ

9位 国士舘大学  2勝 7敗 ※自動降格

10位 松蔭大学  1勝 8敗 ※自動降格

 

入替戦 5月26日(日) 於:日本女子体育大学体育館

早 稲 田 0-3 日 女 体 (21-25、23-25、20-25))

 

※入替戦(もう1試合)の結果

  宇都宮大学(1部7位) 3-0 大東文化大学(2部 2位) ※宇都宮大学1部残留

  ※昨年度の稲門通信でお知らせしたように、秋季リーグ戦からリーグ改革が実行されます。

  詳細につきましては、関東学連のホームページ(http://www.volleyball-u.com/kanto/)

   を参照ください。

   秋季リーグ戦 リーグ構成

   《男子1部》   《男子2部》 《女子1部》 《女子2部》

    日本体育大学    法政大学  青山学院大学  早稲田大学

    専修大学    国士舘大学  東京女子体育大学  国士舘大学

    早稲田大学    宇都宮大学  東海大学  松蔭大学

    順天堂大学    大東文化大学  日本体育大学  大東文化大学

    中央大学    青山学院大学  嘉悦大学  順天堂大学

    明治大学    中央学院大学  筑波大学  日本大学

    筑波大学    日本大学  宇都宮大学  都留文科大学

    東海大学    亜細亜大学  日本女子体育大学  白鷗大学

    慶應義塾大学    桜美林大学

    東京学芸大学    東京経済大学

    国際武道大学    立教大学

    駒澤大学    平成国際大学

 

 

2.第32回東日本大学バレーボール選手権大会 結果 

 【男子】

  6月21日(金)2回戦・3回戦

 早 稲 田 3-0 創 価 大 (25-8、25-5、25-6)

 早 稲 田 3-0 日 本 大 (25-8、25-14、25-19)

  6月22日(土)準々決勝・準決勝

 早 稲 田 3-2 中 央 大 (27-25、25-22、24-26、19-25、15-12)

 早 稲 田 2-3 明 治 大 (21-25、25-27、25-19、25-19、10-15)

  6月23日(日)3位決定戦

 早 稲 田 3-0 順天堂大 (25-21、25-17、25-20)

   最終結果   個人賞

優勝 明治大学(初優勝)    ベストスコアラー賞、サーブ賞

2位 日本体育大学   ・・・七里 幸洋(社会科学部4年)

3位 早稲田大学    リベロ賞

4位 順天堂大学   ・・・本間 隆太(スポーツ科学部4年)

 【女子】

  6月20日(金)1回戦  於:大田区総合体育館

 早 稲 田 3-0 創 価 大 (25-6、25-14、25-8)

  6月21日(金)2回戦

 早 稲 田 0-3 日 体 大 (23-25、19-25、22-25)

                                 結 果 : ベスト32 

 

3.定期戦(早慶戦・早関戦・全早慶明) 結果および日程 

 

 《早慶戦》

6月16日(日)男子第77回、女子第30回早慶定期戦(当番校 早稲田)が早稲田大学記念会堂で開催され、先に行われた女子は早稲田大学が優勝し、連勝を27に伸ばしました。続いて行われた男子は4年ぶりに勝利した。閉会式の後、恒例の懇親レセプションが開かれ両校部員、OBの懇親を深めました。

【男子】

早 稲 田 3-1 慶應義塾 (24-26、25-18、25-19、25-16)

結果 優 勝 通算:58勝18敗

【女子】

早 稲 田 3-0 慶應義塾 (25-13、25-11、25-8)

結果 優 勝 通算:27勝 3敗

 

 《早関戦》

 8月18日(日)に第65回早関バレーボール定期戦が、関西学院大学上ヶ原キャンパス総合体育館で開催されました。結果は以下の通りです。

早 稲 田 3-0 関西学院 (25-16、25-21、25-20)

結果 優 勝 通算:53勝12敗

 《全早慶明》

 第66回全早慶明バレーボール定期戦を、11月17日(日)に上井草グラウンド体育館にて開催を予定しています。詳細が決定次第、改めてご案内を差し上げますので、よろしくお願い致します。

 

4.第62回 黒鷲旗全日本選抜バレーボール大会 男子結果 

【男子グループ戦(D組)】

第1日 5月1日(水) ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館)

 早 稲 田 0-3 東  レ(13-25、14-25、18-25)

第3日 5月3日(金) ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館)

 早 稲 田 1-3 つ く ば(14-25、28-26、14-25、24-26)

結 果 : 予選グループ敗退

5.現役のスケジュールについて(7/30現在) 

 

 【男子】

  8月16日(金)・17日(土) 合宿(豊田合成トレフェルサ)

    18日(日) 早関バレーボール定期戦(@関西学院大学)

    20日(火)~22日(木) 合宿(堺ブレイザース)

    23日(金)・24日(土) 合宿(ジェイテクトスティングス)

    25日(日) 合宿(大同特殊鋼レッドスター)

  9月 7日(土)~ 秋季男子1部リーグ戦開幕

  10月19日(土) 天皇杯全日本選手権大会(関東ブロックラウンド)

  ひたちなか市総合運動公園総合体育館(茨城県)

  駿台高等学校と川崎レッドスピリッツ(V・チャレンジ)の勝者と対戦 勝った場合、山梨大学と明治大学の勝者と対戦

 

 【女子】

  8月20日(火)~23日(金) 合宿(京都橘大学)

    29日(木) 合宿(至学館大学[旧名:中京女子大学])

    30日(金)・31日(土)  合宿(中京大学)

  9月14日(土)~ 秋季女子2部リーグ戦開幕

 

 

8.「2013年度 稲門体育会会員総会」開催報告 

 

 5月17日(金) 午後6時30分より リーガロイヤルホテル東京に於いて「2013年度稲門体育会会員総会」を開催、300名を超える大学関係者、OB、OG会員が集まりました。(会員数は44部のOB,OG 約2万5000人)

会は先ず、梅本利三前常任委員長をはじめ、昨年度逝去した各部の会員に対して黙とうを捧げ、山田常任委員長の開会の辞で始まりました。河野洋平会長は挨拶で「9つの部が大学日本一に輝き、6つの部が準優勝し44部のうち三分の一が1位、2位になりました。学生達には常識やルールを踏まえたスポーツマンを目指してほしい。皆さんと更に早稲田スポーツを盛り上げていきたい」と述べました。続いて来賓を代表して鎌田薫総長が「早慶戦を行う39部57チームのうち、33部45チームが慶応に勝ちカレーパーテイに招きました。今年はすべての部が勝つことを期待しています。早稲田大学はスポーツ文化、学問の研究でも世界の大学のトップを走るように頑張っていただきたい」と挨拶しました。

この後、宮内孝知理事の発声で乾杯し懇親会に移りました。今年は若い会員も多く出席し、応援部現役のリードで校歌を斉唱、伊藤順蔵副会長の閉会の辞で散会しました。

尚、今年も会員総会に先立ち、ア式蹴球部を5年ぶり12回目の大学日本一導いた古賀聡監督に、部の伝統である「WASEDA THE 1ST」(早稲田は常に1番であれ)と題して、人として、プレーヤーとして一番を目指すため指導の実例を挙げながら、各部のOB会員にとって大変有意義な講演をしていただきました。

 

9.「稲門体育会代表委員会」開催報告 

 4月24日(水) 午後6時30分より 競技スポーツセンター2階会議室に於いて稲門体育会44部の代表委員が出席し「平成25年度稲門体育会代表委員会」を開催した。

会議に先立ち、今年2月に逝去した梅本利三常任委員長に黙とうを捧げ、続いて河野洋平会長を議長として議事を進め、それぞれの議題が承認された。

  議題   1.平成24年度事業報告案並びに収支決算案の件

       2.平成25年度事業計画案並びに収支予算案の件

       3.役員改選の件

この後、平成24年度全日本大学選手権 団体優勝(9部 11チーム)、準優勝(6部)個人名誉賞(80名)の報告があった。また、河野会長より「平成25年度 全日本大学選手権、早慶戦等44部の主な試合予定のカレンダー作成」の提案があり、早速競技スポーツセンターで作ることになった。

※ 団体優勝・・・①野球部 ②庭球部(男子・女子)③漕艇部(女子総合)④スキー部(女子総合)⑤ア式蹴球部(男子)⑥フェンシング部(男子)⑦軟式庭球部

(男子・女子)⑧ソフトボール部(男子)⑨少林寺拳法部

※ 団体準優勝・・・①スケート部(男子スピードスケート)②バスケットボール部(女子)

 ③ア式蹴球部(女子)④卓球部(女子)⑤ハンドボール部(男子)⑥フェンシング部

 (女子)

※ 個人名誉賞・・・星奈津美(水泳部・ロンドン五輪女子200mバタフライ銅メダル、現役女子学生として夏、冬の五輪を通じて初のメダリスト)ディーン ロドリック 元気(競走部・ロンドン五輪やり投げ10位)を含む

全日本大学選手権個人優勝者80名

 

5月25日(土)体育表彰式・新入生入部式(主催 競技スポーツセンター・大隈講堂)に於いて団体、個人の表彰を行った。

 

10.訃報 

   守屋 寅男さん(S11)  4月27日 ご逝去 享年98歳

   栗田 俊男さん(S39)  4月27日 ご逝去 享年72歳

    故人のご冥福をお祈りします。

 

12.稲門通信メール配信  

稲門通信のe-mail配信を実施していますので、メールでの受信を希望される方は、kinoken@waseda.jp までメールにてご連絡ください。メールによる受信者増は通信費の経費削減につながり、結果として現役への支援額の増額となりますので、徐々にシフトしていきたいと考えています。

加えてメール登録をしていただくと、試合結果など現役の活動状況等をよりリアルタイムにお伝えできると思いますので、積極的な登録をよろしくお願いします。

 

【編集後記】

全国的に厳しい暑さが続いていますが、来月7日より秋季男子1部リーグ戦が、翌週の14日からは女子2部リーグ戦が開幕します。男子部は春季リーグ戦および東日本インカレがともに3位となっており優勝を、そして女子部は一部復帰を目指して張り切っています。

OB・OGの皆さまにおかれましては、是非とも会場に足をお運びいただき、声援を送っていただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

早稲田大学バレーボール部

 about  
 早稲田大学

WASEDA UNIVERSITY VOLLEYBALL CLUB 

早稲田大学バレーボール部男子は、昭 和6年(1931)創部、翌昭和7年(1932)関東学生排球連盟が結成され、早大の公式試合の初参加となる関東学生春季リーグに出場。昭和9年 (1934)春リーグで初優勝、昭和10年(1935)春季から昭和16年(1941)秋季リーグまでリーグ戦14連覇の偉業を果たし、戦前の日本のバレー ボール界をリードしてきた。また戦後も、昭和23年の第1回全日本大学選手権で優勝、昭和28年(1953)単独で渡米し全米選手権に出場し、世界の主流 であった6人制バレーを体得、日本へ持ち帰り、6人制のパイオニアとなった。関東大学リーグ優勝23回、全日本大学選手権優勝3回、準優勝3回。2012年度全日本大学選手権 第3位、2013年度秋季関東大学リーグにて27年ぶりの優勝を、また同年全日本大学選手権で61年ぶりの優勝を果たした。伝統ある定期戦は、慶応義塾大学との「早慶戦」(2013年度、第77回)、関西学院大学との「早関戦」(同、第65回)、OBも加わって競う「全早慶明」(同、第66回)の定期戦がある。2013年度、男子は関東大学リーグ1部リーグに、女子は2部に所属。毎年、リーグ戦優勝と学生日本一をめざして、学生自主のもと、鍛錬している。

item5