item11
item11

早稲田大学バレーボール部 創部 昭和6年(1931年)

item11
item11
item11  部の紹介  高校生の皆さんへ>男子 >女子 item11
item11

item1h3a1c1b2a3a1b3b1a3a3a1a1 2014年度 稲門バレーボール倶楽部 会長あいさつ

稲門バレーボール倶楽部会員各位

2014年3月13日

稲門バレーボール倶楽部

会長   倉橋 操

 

「更なる飛躍へ」

 

昨年9月、2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催が決定し、国内では56年ぶりに、日本にオリンピックがやってくる期待と興奮の機運が高まっています。そんな中、早稲田大学でも新たな動きがスタートしています。1964年の東京オリンピックのフェンシング競技会場となった記念会堂の老朽化に伴う改築・新築計画です。合わせて稲門体育会も、日本のスポーツをリードしてきた「早稲田スポーツ」を、未来に引き継ぐため「早稲田スポーツ博物館」(仮称)の設立を考えています。

 稲門バレーボール倶楽部会員の皆様にはご清栄の事とお慶び申し上げます。

昨年は、関東大学秋季リーグ戦と全日本大学選手権大会に「W優勝」することができました。6人制のパイオニアである早稲田が、その6人制で初めて学生日本一を達成し、早稲田大学バレーボール部83年の長い歴史の中で、輝かしい快挙を成し遂げることができました。優勝祝賀会も稲門バレーボール倶楽部の皆様方のお陰をもちまして、盛大に開くことができました。祝賀会に出席出来なかった会員の方々からも、丁寧にお手紙やご寄附をいただきました。改めてお礼申し上げます。

 3月1日に稲門総会が開催され、2014年の活動計画、役員人事が承認されました。男子部に於いては、吉井監督が退任し松井コーチが監督になり、新体制のもとでスタートを切りました。4年生が引退し新たなメンバーで、連覇を目指し更なる飛躍を期待したいと思います。また女子部に於いては、引き続き麻生監督のもと昨年の反省を生かし、チーム一丸となって1部復帰を目標に頑張って欲しいと思います。

稲門バレーボール倶楽部の運営については、今年も現役への支援の更なる充実と、稲門会員相互の親睦を図っていきたいと考えています。そのためには、皆様方からの物心両面の援助が不可欠であります。引き続き一人でも多くの会員の皆様方からの会費のご協力、現役への叱咤激励をお願いいたします。また、稲門通信の発行、早稲田大学バレーボール部ホームページの随時更新を通し、さらに情報を共有していきたいと考えます。経費削減の上からもメールアドレスの登録にご協力をお願いいたします。

トップへ リンク 女子部 女子部 item6a2a 稲門バレーボール 男子部 女子部 男子部 item5 女子部