item11
item11

早稲田大学バレーボール部 創部 昭和6年(1931年)

item11
item11
item11  部の紹介  高校生の皆さんへ>男子 >女子 item11
item11

item1h3a1c1b2a3a1b3b1a3a3a1a1 稲門バレーボール倶楽部 会長あいさつ

 

稲門バレーボール倶楽部会員各位

2015年3月6日

稲門バレーボール倶楽部

会長  倉橋  操

「常勝早稲田へ」

 

 昨年8月、広島市安佐地区での集中豪雨による土砂災害、9月には長野県御嶽山

での戦後最悪の火山災害等、自然災害により多くの尊い命が失われ、改めて自然

の恐怖を感じた一年でした。また今年の新年早々に起きた「イスラム国」による

日本人人質殺害というショッキングなニュースに、戦後70年の節目を迎える平和

国家日本において、深刻化するテロ行為に不安を感じます。

 

 稲門バレーボール倶楽部会員の皆様にはご清栄の事とお慶び申し上げます。

昨年男子は「連覇」、女子は「一部復帰」という大きな目標を掲げ戦ってきまし

たが、残念ながら結果は達成することができませんでした。しかし、男子は吉井

監督(S61年卒)から松井監督(H3年卒)へ、女子は麻生監督(S61年卒)から

途中で吉田監督(H10年卒)にバトンタッチし、新体制のもと学生たちは一生懸命

頑張ってくれました。特に男子は、全39試合中、13試合がフルセットでした。

その内、3勝10敗という接戦での敗戦が大変悔やまれる結果となりました。今年は

昨年の反省を生かし、男子は「日本一奪還」、女子は「一部復帰」という目標に

向かって、学生自ら考え行動するという早稲田バレーの良き伝統を引き継ぎ、

常勝早稲田へ繋がっていくことを期待します。

 稲門バレーボール倶楽部の運営につきましては、昨年は総務を中心として、

名簿を作成し希望者に配布いたしました。発刊が当初の予定より遅くなり申し訳

ありませんでした。また、会員相互の交友を図るイベントの一つとして、4回目

のワセダカップを開催しました。現役男女の部員も参加し例年になく大変盛り

上がった大会となりました。今年も、現役への支援の更なる充実のため、稲門会

費納入の促進を図るとともに、年5回の稲門通信発行を目標に、稲門会員相互の

親睦と情報共有を図るべく、幹事一体となって取り組んでいきたいと考えていま

す。会員の皆様方の更なるご支援ご協力をお願い申し上げます。

 

(追伸)

 稲門総会に先立って、杉山先生(S26年卒)、菊地幹事長、高野副総務委員長、

現役男女の代表2名、私の6名で早稲田奉仕園を訪れ、創部70周年に建立された

「早稲田大学バレーボール部発祥の地」の記念碑を清掃しました。丁度その時に

奉仕園のシニアマネージャーの阿部さんと牧師様にお会いし、貴重なお話を伺う

ことができました。改めて早稲田バレーのルーツがここ早稲田奉仕園にあり、

現役にもしっかり受け継いでいきたいと思います。皆様方も是非一度訪ねてみて

はいかがでしょうか。

トップへ リンク 女子部 女子部 item6a2a 稲門バレーボール 男子部 女子部 男子部 item5 女子部