早稲田大学バレーボール部 創部 昭和6年(1931年)

item11
item11  早稲田大学バレーボール部の紹介  創部80周年 WASEDACUP80周年プロジェクト item11  早稲田大学バレーボール部の紹介  創部80周年 WASEDACUP80周年プロジェクト item11
 早稲田大学バレーボール部の紹介  創部80周年 WASEDACUP80周年プロジェクト
item11

item1h3a1c1b2a3a1b3b1a3a3a1a3 関東大学春季リーグ戦 全勝優勝 祝勝会   2018年5月19日 於横浜市青葉台

春季リーグ戦で全勝優勝した早稲田大学バレーボール部は、閉会式終了後に稲門バレーボール倶楽部と合同で、祝勝会を開催しました。

最初に、金川裕一稲門バレーボール倶楽部会長が、「選手の皆さん、監督コーチの方々、全勝優勝おめでとうございます。そして”感動”をありがとうございました。これからもますます他チームからターゲットにされていきますが、それをはねのけてがんばってください。」と挨拶、選手、監督コーチ、早稲田大学応援部、選手の保護者の皆さん、そして稲門バレーボール倶楽部会員OBで乾杯して、2シーズン連続の全勝優勝を祝いました。

藤中主将が「このような祝勝会を開いていただきありがとうございました。これからもがんばっていきたいと思います。」と挨拶しました。そして個人賞を獲得した、藤中 優斗主将 ≪ 最優秀選手賞≫≪ レシーブ賞≫ ≪ 会長特別賞≫ 、小林 光輝 副将≪ セッター賞≫ 、村山 豪 選手≪ スパイク賞≫が、喜びの挨拶をしました。

松井監督は挨拶で、「今日の最終戦は接戦でした。相手の筑波大もストイックに負けたくないという意思で向かってきました。我々の甘さが出てフルセットを戦うことになりました。まじめに向き合った筑波大の姿勢をぜひ学んでほしいと思います。これからも藤中主将を中心に課題を詰めてレベルアップして、筑波大をはじめライバル校と競い合って いきましょう。」と選手を激励しました。

最後に、応援部加藤雄基さんの指導で、校歌「都の西北」をみなで歌い優勝の喜びを分かち合いました。

DSCN7296
DSCN7299
DSCN7300
DSCN7307
DSCN7310
DSCN7311
DSCN7312
DSCN7323
DSCN7328
DSCN7336
DSCN7340
DSCN7344
DSCN7347
DSCN7353
女子部 女子部 トップへ リンク item6a2a 稲門バレーボール 男子部 女子部 男子部