女子部

試合結果

2021/10/10 秋季リーグ宣4日目 神奈川大学戦

【戦評】
関東大学女子2部秋季リーグ戦
第4試合
早稲田大学 3-0 神奈川大学
(25-23,31-29,25-18)

関東秋季リーグ4戦目は、神奈川大学と対戦しました。

良い立ち上がりを見せたい第1セット。#3山下(社3)の鋭い速攻で流れをつかみ、7-4に点差を広げます。その後相手からの猛攻を受けますが、セッターへの的確な返球により、良いラリーが続きます。#2中澤(スポ3)と#11秋重(スポ1)のブロックを打ち砕く強烈なスパイクや、的確に狙ったフェイントにより、20点台にのせ、20-16となります。途中交代で入った#14南(商1)の巧妙なサーブは相手を崩し、その攻めた姿勢は味方の士気をあげます。#2中澤(スポ3)の力強い攻撃により、相手のレシーブは乱れ、22-18になります。最後は#4橋本彩(教3)の正確なブロックにより、25点目を先取し、25-23で第1セットを取ります。

勝利へと近づきたい第2セット。双方の粘り強いプレーにより、8-8まで一進一退の攻防を繰り広げます。その後相手は勢いづき、一気に3点連取されますが、#3山下(社3)の強力なスパイクにより、相手の流れを1度切ります。#2中澤(スポ3)のライン際を攻めたサーブはサービスエースを獲得し、12-15に点差を縮めます。途中出場した#14南(商1)の攻めたサーブは相手を崩しますが、相手の辛抱強いレシーブや鋭いアタックにより、3点の差を取り返すことに苦戦します。そのような状況の中、#3山下(社3)の相手を揺さぶる速攻により、再度こちらに流れが向きます。その後3点を連取し、21-21で同点になります。先に相手が24点目を獲得しますが、こちら側も負けじと#11秋重(スポ1)と#2中澤(スポ3)のブロックにも負けないスパイクや、#9神戸(文構2)の辛抱強いレシーブにより24-24へと追いつきます。デュースになり、全員が一丸となった粘り強いレシーブ、アタックが繰り返され、ラリーが続きます。#11秋重(スポ1)や#3山下(社3)による攻撃が相手に刺さりますが、双方譲らず、一進一退を繰り返す展開が29-29まで途切れません。そうした中、粘り強いプレーにより、相手のミスを誘発し、31-29で第2セットを勝ち取ります。

ここで決めたい第3セット。長いデュースの上で勝利した第2セットからの良い流れや#2中澤(スポ3)、#3山下(社3)の攻めた攻撃により、5-2に点数を重ねます。その後相手に2点差まで縮められますが、#2中澤(スポ3)や#9神戸(文構2)の粘り強いレシーブや、#1橋本美(社4)のどこに返球されても正確にあげる精密なトスにより、一気に18-11へと点差を広げます。#13藤井(政経1)がサービスエースで19点目を獲得したことで、さらにいい流れを引き寄せます。その後、#2中澤(スポ3)がライン際を攻めたサーブで、2点連続サービスエースを獲得し、22-12になり、10点差をつけます。しかし、こちら側のミスや相手の強靭な攻撃により、5点連取され、点差は22-17へと縮まります。そんな中セッターと交代で入った#14南(商1)の正確なトスからの#11秋重(スポ1)のキレのあるスパイクにより、25-18で第3セットを獲得し、セット数3-0で早稲田が勝利致します。

本日は、粘り強いラリーが続き、根気が試される試合となりました。来週の試合も、本日のように諦めず、粘り強く戦っていきます。今後とも早稲田大学女子バレーボール部の応援を宜しくお願い致します。

以下は次回の試合の情報となります。
関東大学女子2部秋季リーグ戦第5日目
10月16日(土)
第1試合
vs江戸川大学

※無観客試合となりますので、来場はご遠慮ください。

 

 

アーカイブ